工法のご紹介

ハット形鋼矢板圧入工法(単独圧入、ウォータージェット併用圧入、硬質地盤圧入)」

サイレントパイラーFシリーズは、「モジュール化設計(構成部品の標準化)」に基づき、
全てのパーツを構造・形状・材料から見直し、徹底的に最適化しました。
最新の制御システムを搭載したプラットフォームをベースに、主要なモジュールの組み換えだけで
柔軟に機能を拡張できると同時に、各パーツの長寿命化を実現した次世代型圧入機です。
1.モジュール化設計による現場稼働率のアップ
F301はチャック、チャックフレームの換装、アタッチメントの装着により、1台の圧入機で単独圧入、ウォータージェット併用圧入、硬質地盤圧入の3種類の圧入広報が選択可能な複合式圧入機です。
1台で様々な地盤条件と施工環境に対応した圧入施工を実施できるため、現場稼働率がアップします。
2.新制御システムによる長寿命・高機能化
新しく開発した制御システムは、施工時の圧入姿勢をにんしきすることで書く動作における負荷を適正にコントロールし、各パーツの長寿命化を実現しました。
また、圧入力定荷重制御機能やオーがトルク無段階制御機能の搭載により、操作性を格段に向上させました。
3.杭材との相乗効果による高い施工性
ハット型鋼矢版900の杭材特性と圧入の優位性を最大限に発揮できる施工を実現します。
4.硬質地盤への対応
当社独自の「芯抜き理論」で、砂礫層や玉石層などの硬質地盤でも圧入工法の優位性を損なわずに杭施工を可能にした「硬質地盤クリアエ法」。
これまでの先行機による数多くの施工実績が、エ法の優位性を証明しています。
パイルオーガによる掘削はあくまで圧入補助として最小限に抑えるので、排土量は少なく、周辺地盤を乱さないため、強い支持力をもった完成杭を急速に構築できます。
また、従来工法では困難とされた傾斜地や水上での施工も可能で、システム施工技術により仮設工事を一掃し、環境負荷を大幅に低減させます。
5.卓越した爛境配慮設計
6.科学的圧入施工と先進の情報化技術
求人募集中
最新施工事例

【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
佐賀県唐津市



【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
長崎県長崎市



【施工方法】
仮桟橋工、仮締切工

【場 所】
岡山県岡山市

工法のご紹介 会社情報

〒806-0049
岡山県岡山市東区政津898-1

お問合せ
このページの先頭へ
ホームページ制作 福岡