工法のご紹介

上部障害クリア工法(クリアパイラー)

橋梁などの高架下で驚くほど低い空間で鋼矢板を圧入する工法です。

上部障害クリア工法のメリット
●耐震補強、護岸工事の鋼矢板施工において橋梁など上部障害のある現場で、既存の交通に支障を来さず日常のままで鋼矢板を圧入する工法である。

●ノンステージングシステム工法(GRBシステム)と組み合わせも可能であり様々な現場で活用できます。
(国土交通省 新技術活用システム(NETIS)登録)
NETIS登録番号:CB-060016-A

NETIS登録年月日:2006年10月3日

求人募集中
最新施工事例

【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
佐賀県唐津市



【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
長崎県長崎市



【施工方法】
仮桟橋工、仮締切工

【場 所】
岡山県岡山市

工法のご紹介 会社情報

〒806-0049
岡山県岡山市東区政津898-1

お問合せ
このページの先頭へ
ホームページ制作 福岡