工法のご紹介

CRID工法

岩盤層や礫層はもちろん従来のダウンザホールハンマー工法では施工が困難であった崩壊しやすい玉石・転石・粘性土及び河川等の水中施工でも的確に削孔が可能な工法です。

CRID工法のメリット
●ノーマルなダウンザホールと比較しても能力が落ちない。
●リングビットとパイロットビットがチャッキングし、リングビットは回転するがケーシングは回転しない為、周りの地盤への影響が少ない。

(国土交通省 新技術活用システム(NETIS)登録)
NETIS登録番号:KT-100018-A

NETIS登録年月日:2010年6月7日

CRID構造図

■ 地盤を乱さない
パイロットビットの先から出たエアーは、特殊な加工による負圧を利用しケーシングの中を通り排出されるため、周辺の地盤をみだしません。

施工フローチャート

振動レベル測定例

■ 条件
規制基準 第2種区域のⅡ(工場地域)
午前8時から午後7時までの規制基準70dB以下
測定時打設深さ 約12m
測定方向 鉛直方向(振動規正法の対象)
A点 打設位置からの距離 5m
B点 打設位置からの距離 15m
参考 JR列車通過時の振動

振動レベル測定結果

施工例

求人募集中
最新施工事例

【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
佐賀県唐津市



【施工方法】
硬質地盤クリア工法

【場 所】
長崎県長崎市



【施工方法】
仮桟橋工、仮締切工

【場 所】
岡山県岡山市

工法のご紹介 会社情報

〒806-0049
岡山県岡山市東区政津898-1

お問合せ
このページの先頭へ
ホームページ制作 福岡